読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Growth Engineer

家庭とか組織とかサービスとか、いろんなものに対してエンジニア的な視点で育成してみる話

家の開発チームを探しにいく

実際に家を作ることになると工務店ハウスメーカーさんとのやりとりになってくる。

我が家は最終的にはecomoさんと一緒に家づくりをすることになったが、まさにら仲間探しそのままの過程であったなぁ、と。

住宅展示場への突入

まずは、いつも横目に通り過ぎていた近所の住宅展示場へ。いわゆる大手のハウスメーカーさんを中心にモデルハウスを見学するわけである。

営業マンさんに誘われて、外観が気になっていた超大手さんのモデルハウスからはじめてみる。。。コーディネートされた設置済み家具も相まってキラキラした空間の中での営業トーク。。。うん、多分うちのテンションにはあわない。

スーツ姿の営業マンさんは主にスペック情報から始まり、〇〇のオプションがあってetc, etc… で、お品書きの中から選ばせるようなトーク(実際には違うのかもだが)に相性の悪さを感じてあっさりと撤退した。

いつものごとくカジュアルすぎる服装で突入した我々にも原因があるような気もしている。

(あくまで相性が合わないと思っただけで接客は大変丁寧にしていただいた。実際に施工する人たちの各種打ち合わせの様子が見れたり、モデルハウスは各種住宅規制に引っかからないので、いろいろと実験的な作りをしてたりする、、、なんて小ネタもあったりで色々と学びがあった)

他にも「家じゃない。俺たちは、ヨコハマの一部を作っている。」のキャッチフレーズで(自分の周りでは)おなじみの某工務店さんをのぞいてみたりした結果、いわゆるハウスメーカーさんよりは工務店さん系の方が自分達とは相性が良さそうだという結論に達した。

CKBの横山剣さんで選んでるわけではないよ、本当だよ)

工務店を探す会

とりあえず緑色のフワフワした生き物が飛び交う雑誌工務店さん特集を眺めてみた。

ハウスメーカーさん以上に各社の特色が異なるので、自分達の好みの方向性を絞る意味でも雑誌のような形式で一覧するのは結構良かったと思っている。

結果的に夫婦ともに木を前面に押し出した作りが好みである、という結論に達したのでそのあたりを得意としてそうな工務店さんに資料請求しつつ、アポが取れたところには訪問して話を聞きにいくことにした。

気になる土地は図面で確認

工務店探しと並行して土地探しは進めておりいくつか良さそうな物件が出てきてたりもしたので、各工務店の営業さんの「気になった土地があればいつでも建築プラン図面作りますよ!」というお言葉に甘えて図面と概算見積もりをお願いしたりしてみる。

土地+建物の予算感を見ることができたのも良かったが、居室を快適にするイメージやリビングなどの共用部を充実させるイメージなどなど各社の家づくりの特色みたいなもんが見えてきて面白かった。

(もちろんこちらのリクエストに合わせてくれるのだろうけど、イメージングの相性とかを見る観点でもやっといて良かったように思う)

ちなみに土地は水モノらしく、図面作成中に他で成約されるみたいなケースも経験した。(結果的にはこちらとしても良かったので、ほんとご縁のことであるなぁ、と)

家を作る仲間を決める

そんないくつかの探索の結果、我が家は前出のecomoさんと一緒に家を作ることに決めた。

細かい要素はいろいろあるが、決め手はイメージの相性がとても良かったところだと思う。具体的には自分達が面白いと思った(それなりに癖の強い)土地を見て同じようなポイントでテンション上がってるあたりとか。

この人達なら一緒に楽しんで家を作ってくれそうだな、ということで土地探しと並行して打ち合わせをしていくことになった。

ちなみに元町にあるベーカリーのオープン記念で実はすでにやりとりがあった(代表の中堀さんにパンをもらってた)という不思議な縁があったりもする。